※本サイトは商品・サービスの画像・リンク先にプロモーションを含みます※

【MBTI診断】SEに向いていない「主人公型(ENFJ)」だったので性格を活かす方法を考えた

【MBTI診断】SEなのに向いていない「主人公型(ENFJ)」だったので性格を活かす方法を考えた フリーランス

システムエンジニアは適職じゃない!?
主人公型(ENFJ)の弱み・強みと特徴を活かす方法とは!?

主人公型(ENFJ)システムエンジニアが強みを活かす方法を知りたい!

このようなお悩みに寄り添います。

最近、MBTI診断(16タイプ性格診断)の質問内容が新しくなったと聞き、再度診断をやってみました。

もともとわたしは主人公型(ENFJ-T)でしたが、再度診断した結果、またもや主人公型(ENFJ-T)!

しかし、この主人公型(ENFJ)、一般的にはシステムエンジニアに向いていないと言われています、、、システムエンジニアのわたし涙目、、、

そこで、本記事では「主人公型(ENFJ)システムエンジニアが特徴を活かす方法」についてご紹介します。

この記事が参考になれば幸いです。

主人公型(ENFJ)の性格・素質

【MBTI診断】主人公型(ENFJ)にシステムエンジニアは適職?性格の特徴を活かす方法
引用:https://www.16personalities.com/ja

主人公型(ENFJ)は一言でいうと、人を惹きつける天性のリーダータイプです。

人当たりが良く、情熱的かつカリスマ性があり、周りの人たちを奮い立たせることを得意とする性格です。

主人公型(ENFJ)の素質
  • 外向型(E):グループで行う活動が好きで人との交流を大切にする
  • 直感型(N):偏見のない心を持ち想像力豊かで好奇心旺盛
  • 道理型(F):感情表現や感受性を大切にして共感力や連携・社会の調和を重視する
  • 計画型(J):決断力があり几帳面で予見可能性や明瞭さを大事にする
引用:https://www.16personalities.com/ja
主人公型(ENFJ)の特徴
  • 共感力・コミュニケーション能力が高い
  • 自己を犠牲にして他人の幸福・利益のために尽くす
  • 自分が正しいと思うことははっきり伝える
  • 繊細で傷つきやすい

主人公型(ENFJ)は、他者に高い関心を持ち、誠実で寛容な心の持ち主です。

共感力が高く利他的で、相手の気持ちを慮り、他人の問題をなんとか解決しようと手を差し伸べます。

自分が正しいと思うことはきちんと主張する一方で、神経質で傷つきやすい一面があります。

主人公型(ENFJ)にシステムエンジニアは適職?

一般的に、主人公型(ENFJ)はエンジニアに向いていないと言われています。

適職と言われている職業例は以下の通りです。

主人公型(ENFJ)に向いている職業
  • 教師・講師
  • ソーシャルワーカー
  • NPO職員
  • 介護士
  • ディレクター
  • デザイナー
  • 管理職・マネージャー
  • カウンセラー
  • アドバイザー
  • コンサルタント
  • 人事担当
  • 営業

主人公型(ENFJ)は、人をまとめることが得意で、他者の気持ちを考えられる心優しい気質の持ち主です。

この強みを存分に活かすことができる職業が向いていると言われています。

一方、向いていない職業例は以下の通りです。

主人公型(ENFJ)に向いていない職業
  • プログラマー
  • エンジニア
  • 裁判官
  • 検察官

主人公型(ENFJ)は、的確で素早い判断が重要な場や、臨機応変に対応することが苦手な傾向があります。

そのため、目まぐるしいIT技術の変化や予期せぬトラブルへの対応力が求められるシステムエンジニアは、一般的には向いていないようです。

しかし、「主人公型(ENFJ)にはエンジニアがまるっきりダメ!」というわけではありません。

自分の特性を理解し、自分に合った環境に身を置くことで強みを最大限に引き出すことが可能になります!

主人公型(ENFJ)のシステムエンジニアの弱み

まずは、実際にわたしが感じた「主人公型(ENFJ)のシステムエンジニアの弱み」について、ご紹介していきます。

緊急対応に弱い

早期解決が求められるシステムトラブルは、突如として訪れることが往々にしてあります。(システムの保守担当はこの場面に対峙することが特に多いですね、、、)

正常にシステムが動作しない状態が長らく続けば、ユーザーにとって大きな損害になるため、冷静にエラーの原因を切り分け、迅速に適切な対処を行う必要があります。

計画を立ててきっちり遂行したい主人公型(ENFJ)にとっては、この”臨機応変な対処”がとても苦手です。

「あれもやらなきゃ!これもやらなきゃ!」という思考で頭がいっぱいになってしまい、その場その場で適切に判断することができずに落ち込むこともしばしばあります、、、

難しい要望に何としても応えようとしてしまう

エンジニアは、ユーザーから「こういう機能が欲しい」というお声を頂く場面が多々あります。

適用可能なご要望もありますが、中には結構適用が難しいご要望も、、、

ユーザーのお悩みに深く共感してしまうが故、「なんとか解決してあげなきゃ!」という気持ちが強くなってしまうこともしばしば。

頑張って尽くしすぎて無理をしてしまい、自分の時間を犠牲にして体調を崩してしまったり、予算・納期の関係でそのお悩みを解決することができないとき、自分はなんて無力なんだ、、、と落ち込んでしまうことも少なくありません。

人の役に立っている実感が薄いとモチベーションが低下しがち

自分の仕事が周囲にどれほど役に立っているのか実感しづらい環境にいると、仕事に対してモチベーションが下がってしまうことがあります。

具体的には、自分の仕事がユーザーから遠い場合や、プロジェクトメンバーがおらず1人で作業している場合などです。

利他的な特性上、周囲からの感謝の気持ちを感じられないと、「いま自分は何のために働いているんだろう、、、」と沈んだ気持ちになりがちです。

主人公型(ENFJ)のシステムエンジニアの強み

主人公型(ENFJ)のシステムエンジニアには、弱みだけでなく、もちろん強みもしっかりあります!

続いては、実際にわたしが感じた「主人公型(ENFJ)のシステムエンジニアの強み」について、ご紹介していきます。

コミュニケーション能力の高さ

主人公型(ENFJ)は、プロジェクトメンバーだけでなく、ユーザーともしっかりコミュニケーションをとることができます。

システムエンジニア(だけではなく職業全般に言えますが)には、コミュニケーション能力が大いに求められます。

対ユーザーやチームで仕事を推進する際、コミュニケーション不足による認識齟齬は仕事に大きな支障をもたらします。

そのため、他者とコミュニケーションを積極的にとることは仕事をスムーズに、かつ正確に進めるために非常に重要なファクターとなります。

また、持ち前の共感力や相手の気持ちを考える力を発揮し、ユーザーが抱えている潜在的な課題や問題をくみ取ることも得意です。

プロジェクトメンバーに対しても困りごとにいち早く気づき、問題を解決しようと働きかけ、スムーズにプロジェクトを遂行できる手助けをすることができます。

プロジェクトのマネジメント担当やリーダーなど、ユーザーと比較的近くメンバーをまとめるポジションは主人公型(ENFJ)の強みを活かせる立場といえます。

計画力の高さ

主人公型(ENFJ)は、今後起き得る可能性を加味した計画を立てることに長けています。

「大きな手戻りにならないようこの時点で一度ユーザーとすり合わせをしよう」「ボトルネックの危険性があるから対策をしておこう」というように、できるだけ事前に環境を整えておくことを好みます。

実際のところ、プロジェクトが始まると計画通りに進められることは少ないですが、想定リスクを洗い出し、予め回避できる力は重要です。

主人公型(ENFJ)の特徴を活かすには?

主人公型(ENFJ)の特徴を活かすための方法のひとつは、「自分の強みを活かせる環境に身を置くこと」です。

エンドユーザーから遠い環境にいるのであればできるだけ近くに移り、プログラマや下流工程のSEであれば上流工程のSEやリーダーなどのポジションに向かい、保守・運用担当を務めているのであれば開発プロジェクトに参画するなど、、、環境を変えるのは有効な手段です。

とはいえ、自分の強みを活かせるよう働くためには、会社員では難しいことが多いと感じます。

やりたくない仕事をやらなければならなかったり、苦手な仕事を任されたり、、、自分の希望が通りづらいところがあると思います。

わたし自身、会社員時代は苦手意識のあるシステムの保守担当を任されることが多く、システム開発に参画したくても希望が通らないことがほとんどでした。

自分の強みを活かせると感じられるようになったのは、会社を辞めて独立し、フリーランスのエンジニアになってからです。

フリーランスに転身してからは、自分のやりたい仕事を選ぶことができ、周りの役に立っている実感が湧きやすくなりました。

とはいえ、フリーランスへの転身って人生を揺るがす大きな決断だし、そもそもどうやってフリーランスとして働くのか分からない、、、という方も多いと思います。

「フリーランスへの転身も考えたいけどめちゃくちゃ不安、、、」という方は、一度”エージェント”に相談してみてはいかがでしょうか?

“エージェント”とは、フリーランス向けの案件を紹介してくれるサービスです。

わたし自身も、フリーランスとして働く前、転身に際する困りごとや不安について、多くのエージェント担当者の方に相談に乗って頂きました。

「自分の強みを活かせない」「仕事が向いていない」と感じる場合、フリーランスへの転身も検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は、「主人公型(ENFJ)システムエンジニアが特徴を活かす方法」についてご紹介しました。

わたし自身、エンジニアとして働いていて「向いていないかもしれない、、、」と落ち込んでしまうことは少なくありません。

しかし、自分が誰かの役に立っていると実感しやすい環境、周りから感謝の気持ちを感じられやすい立場にいることで、主人公型(ENFJ)の強みをしっかり活かすことができます!

当サイトでは、ほかにもフリーランスのシステムエンジニアに関する情報を発信しています。

よろしければ下記の関連からあわせてチェックしてみてくださいね!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました