※本サイトは商品・サービスの画像・リンク先にプロモーションを含みます※

スパイスでつくるバターチキンカレー

スパイスでつくるバターチキンカレー ズボラ飯

ここ数年、スパイスでカレーをつくるのが楽しくてハマっています。

そんなに本格的なものじゃなくて、6種類のスパイスから以下のサイトを参考にいろいろ調合を変えてチャレンジしています。

参考レシピ:6つのスパイスでつくるスパイスカレーレシピ

今日はバターチキンカレーを作ったので、大凡の作り方についての備忘録です。

「スパイスでつくるバターチキンカレー」の大凡レシピ

今回は下記のサイトのレシピを参考に作りました。

参考レシピ:簡単だけど本格的♪バターチキンカレー

ゆゆゆ。
ゆゆゆ。

以下、大凡の作り方です。

具材はこちら。※量は適当です

  • 鶏もも肉(300g)
  • 玉ねぎ(1/2個)
  • カットトマト缶(400g)
  • 有塩バター(30~40g)
  • 牛乳(100ml)

カレーのスパイスは以下を使用。

  • クミン
  • コリアンダー
  • カルダモン
  • オールスパイス
  • チリペッパー
  • ターメリック

その他調味料は下記の通りです。※量は適当です

  • 塩(適量)
  • こしょう(適量)
  • 鶏がらスープの素(適量)
  • ヨーグルト(100g)
  • おろししょうが(小さじ1)
  • おろしにんにく(小さじ1/2)

わたしは翌日以降も食べることを見越して多めに作っています。

おそらくわたしの胃袋で3食分、小食の方だと4食分くらいかなと思います。

まずは鶏肉の下ごしらえです。

適宜鶏肉を切ってポリ袋に入れます。

以下の調味料をポリ袋に入れて鶏肉にもみこみます。もみもみ。

  • ヨーグルト(100g)
  • おろししょうが(小さじ1)
  • おろしにんにく(小さじ1/2)

ある程度もみ込んだら20分程一旦放置です。

続いて玉ねぎをみじん切りに。

玉ねぎが切れたら、鍋にバターを入れて溶かし、玉ねぎを投入!

しんなりするまで炒めます。

しんなりしたら、カッとトマト缶、下ごしらえした鶏肉、カレーのスパイスと以下の調味料を入れて混ぜます。

  • 塩(適量)
  • こしょう(適量)
  • 鶏がらスープの素(適量)

蓋をして20分程、弱火で煮込みます。

色合いがカオス。

カレーのスパイスは以下の割合でいい感じの量を入れました。(我が家は計量スプーンがないため目分量と自分の舌頼り)

引用:6つのスパイスでつくるスパイスカレーレシピ

煮込んだ時に味を見て、味にまとまりが欲しいときはターメリックを追加、辛さが欲しいときはチリペッパーを追加、香りが欲しいときはクミン、コリアンダーを追加すると良い感じになります。

20分煮込んだらこんな感じ。(わたしは塩、こしょう、鶏がらスープの素を入れ忘れていたのでこのタイミングで投入しました)

味見をしてカレーのスパイスを調整します。

蓋を取って牛乳を投入し、さらに20分ほど水分をとばしながら煮込みます。

20分後、再度味見。

参考レシピ通りに作ると結構トマト缶の酸味が強く感じるので、わたしは牛乳、バターを多めに入れてまろやかにしようと試みました。

いい感じに煮込んだら、ごはんとカレーを盛り付けて完成です。

お好みで生クリームやパセリをかけるとおしゃれですが、わたしはお腹に入れば満足なのでこのままいただきました。

いつもはズボラ料理しか作らないので、わたしにしてはだいぶ手の込んだ料理を作ったという達成感で満たされました。

味もめちゃんこ美味しくできて大満足です。

普段つくるには時間と手間がかかるので、ズボラなわたしは高頻度でつくるモチベはないけど、すごくおいしいのでたま~につくりたい。

そんなごちそうカレーでした。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました